スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラバサミにかかった猫
近所の公園で、猫がトラバサミにかかり死亡する事件が起こりました。
2011年9月22日 東京新聞朝刊 「トラバサミで猫死ぬ」
110912_1626~03
この公園は、4年前は、ゴミの不法投棄あり、猫が繁殖し、置きエサが放置され不衛生な場所でした。
2007年7月17日 30匹公園猫
2007年7月10日 30匹
しかし、地域住民とボランティアで協力して手術を進め、置きエサ・フン掃除を徹底し、今では、未手術の猫はなく、きれいで衛生的な環境になっています。病気の猫がいれば治療し、捨てられれば保護し、命を大切に、地域の方と「犯罪を呼び込まない地域」作りをしてきました。
うっそうとしていた公園自体改修工事され、ボランティ隊が花壇を作り、子どもが遊び、ジョギングする人、犬の散歩、多く人が利用しています。
猫も目立つほどいません。

また、この公園のすぐそばで、8月中旬から2件、タヌキが死亡が住民・通行人から報告されています。
一匹は、タヌキの亡骸の側に、半分食べた肉団子があり、毒物と見られます。

杉並は昔からタヌキが住んでいる場所がありますが、1.5キロほど離れた、企業所有のグラウンドと森が、2年前大型高級マンションになり、そこに住んでいたタヌキが、川沿い・公園沿いを伝って、更にこちらに流れてくるようになりました。この辺りも、この数年見かける頻度が高くなっています。


猫を狙ったのか、タヌキを狙ったのか?
何にせよ、トラバサミも毒団子も無差別殺傷に繋がるものです。
近くの保育園児が先生と遊びに来る公園、小中学校もすぐ側の通学路。
誤って子どもが触れば、大怪我するし、犬の散歩も危険です。
事態は軽く済まされてはならないと思います。

しばごんさんから、亡くなった猫は骨まで砕けていたと聞きました。残酷な狩猟道具トラバサミは、その危険性から、2007年4月16日改正された鳥獣保護法で、猟具使用は禁止となっています。
トラバサミを見つけたら!すぐにできること (ALIVEより)
見つけたらすぐに警察に通報してください!!

この件は、周辺をボランティアでポスティングし、注意喚起しました。
高井戸警察署、東京都環境局鳥獣保護係、杉並区役所環境衛生課、杉並区公園課、杉並区教育委員会に東京都動物愛護センターに報告しました。


ネットでも注意文があるだけで簡単に買えますし、地方のホームセンターでは販売もされたりしてるようです。
違法狩猟道具が簡単に買える状況にも声を上げなければと改めて思っています。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

嫌な事件ですね
都内ですらそんな事があるんですね。横浜でも、かつてトラバサミでやられた猫が助けられ、里親募集をお手伝いした事がありました。今でもきっと古い農家では持っていて、使っているかも知れません。狸もアライグマも野良猫も、みんな「害獣」とみなされてしまう現実があります。

トラバサミで足と尻尾とをやられたとおぼしき猫を保護した人から、すっかり綺麗に手術して人にも馴れ、その後貰い受けたのがうちのナムです。かなりひどい状態だったと聞いていますが、命が助かっただけでも幸運だったのですね。

捕獲器だけでなく、トラバサミまでがホームセンターやネットでも簡単に買えると知って、とてもショックです。
川口 一惠 | URL | 2011/09/30/Fri 01:15 [EDIT]
川口様 ご無沙汰しています。日記拝見してます。
トラバサミなんて、遠い世界の話だと思っていたので、自分の身近に起きてびっくりしています。
今回のトラバサミもさびが入って古いものでした。自分の庭に仕掛けられたらわかりませんね。。。都内でも表に出ないだけで、被害はあるのでしょうね。
今回は公園だったし、タヌキの件もあり、これ以上エスカレートしないように、目を光らせてます。

ナムちゃん、辛い過去があったのですね、今は幸せでよかったです、
被害猫は、見つけた時は逃げたり威嚇もしたそうですが、翌日には亡なってしまいました。
トラバサミは残酷であっという間に命も奪うものだと改めて知りました。
簡単に手に入らないよう、とりしまってほしいです
よっぴネネ | URL | 2011/10/01/Sat 00:01 [EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2011/11/21/Mon 12:14 [EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2013/01/17/Thu 07:46 [EDIT]

Track Back
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2012/11/20/Tue 06:42
Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。