スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物取扱業の適正化について(パブリックコメント)
動物愛護管理法改正の一部である、動物取扱業についてのパブリックコメントが始まってます。
期限 8月27日(土)必着。

動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集
ここから意見を出してください。


参考サイト
パブコメの書き方や、法改正案の説明があります。One Action for Animals
ALIVE 2012年動物愛護管理法の改正に向けて、私たちができること
純情仔猫物語 KAZUさん 長年保護活動と動愛法改正へ向けて発信されてきたKAZUさんは、急性白血病のため8月9日にお亡くなりになられたそうです。KAZUさんの遺志が法へ届きますよう願っています。


物言えぬ動物たちのために、是非、意見を届けてください!
参考サイトを見てもらえば、初めての方でも書けます。
短くても、一項目だけでも、是非、意見をお願いします。
動物は命、動物は家族、お金でやり取りするものではない、そう思う多くの人の意見が集まることで、法律を変えられます。
特に、動物取扱業については、法での細かい規制が必要です。
ペットの展示販売などは、すぐにでも禁止してほしいですが、細かい法規制は、ペットショップ経営の基盤を崩す一歩になります。


先日知人が、でペットショップから小型犬の子犬を買うつもり、と聞いて驚きました。
私のやってきたことも知ってるし、署名の協力もお願いしたこともあった方なので。
子どもが育てたがって、保護されてる動物は、小型の子犬はあまりいないみたいだし、ショップにはよさそうな子犬がいて、と。。
もちろん、現状と子犬の飼育について話し、譲渡会で成犬を検討してくれことになりましたが、大規模ショップでは、いいことばかり強調され話を聞いたようです。
いかに、安易な購買の温床になっているのか、それが、飼育放棄につながり、年間24万頭もの処分を生み出しているのか。
改めて実感しました。

5年に一度しかない、法改正のチャンス。
皆で力をあわせ、業者を守る法律から、命を守る法律へ変えましょう!!!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。