スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20キロ圏内、警戒区域。立ち入り禁止
恐れていたことが、実行されてしまいます。
あの、福島第1原発事故から、飼い主とはぐれてしまった、飼い主においてかれてしまった、動物たち
犬・猫・牛・馬・・・
多くの命が見放され、飢えて苦しんで、衰弱し死んでしまっています。
それでも生きている命を救おうと、勇気ある動物愛護団体・個人の方たちが、保護に日夜走り回ってくれていました。
気持ちある現地の方が、えさやりに通ってくれていました。

それが、一切できなくなります。

動物は、どうするのでしょうか。「人間の安全のため」そう政府は言います。
そこに生きている動物のことは、全く触れず。
見殺しやむなしと言うことでしょうか。

飼い主も、見放すことができない動物ボランティアも、いっさい、立ち入ることを禁じるなら、責任を持って、動物たちの避難、えさやりを代行すべきです。


何もできない人がほとんどです。
でも、行政に意見はいえます。誰でも意見を送ることができます。

どうか、皆様、大至急 意見を送ってください。そして、この事実を広めてください。

原発事故の責任です。動物たちは逃げることもできません。
ただそこで死を待つなんて、あんまりです。

以下、動物救済の輪 さんから転載

全国海外力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
2011年04月21日 (木) | 編集 |
20日、16時、福島に向けて出発します。
今日のうちに圏内に入る予定です。
皆様、絶対に諦めないでください!     結 昭子


力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
この件、最後のお願いになるかもしれません!

転載歓迎 拡散希望!!


大至急、ご協力をお願いします。

22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院にお願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html



(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。
2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。


--------------------------------------------------------------------------------


「動物基金」杉本様 よりアドバイスです!
今日でも明日でも、保健所に持ち込んでください。
相双保健所
南相馬市原町区錦町1丁目30 電話番号 0244-26-1351
                  FAX 番号 0244-26-1332
(現在相双保健所は施設がありませんが、それは行政間で行うことです。)

保護した犬については自分で保護する環境がない場合には行政は狂犬病予防法に基づいて保護しなければなりません。
保健所に渡す際に「狂犬病予防法に基づいて保護して下さい。遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。殺処分されることはありません。

猫については、「迷子猫です。保護してください。遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。殺処分されることはありません。」その後については、相談にのります。
この件についてわからないこと、緊急連絡先 杉本 090-3908-8823


--------------------------------------------------------------------------------

ペット法塾が現地入りします。
保護場所提供らしい

現場に向える保護団体などに、お知らせと拡散お願いします。
THEペット法塾
http://www.the-petlaw.com

☆大至急2!!☆

先ほどお知らせしました件について、
現地で一時保護場所にお困りのボランティアさんや
団体さんがいましたら、私までご連絡ください。
私も今日から現地入りしてきます。

THEペット法塾
西風直美 090-9889-7063 

--------------------------------------------------------------------------------
以上

是非、現状を知ってください

原発避難区域でペット保護&迷子探しをされている団体さん一覧
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。