スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピーちゃん、お空へ
今日、皆で見送りました。
20100227p.jpg
ぴーちゃんへ Мより
40日もこの家でよくがんばりました。40日はあっという間だね。
お花いっぱいで嬉しいでしょ。ぴーちゃんだーいすき。
雲の上でも元気でね。雲で、チャーとオトとピーで楽しんできてね。

20100227p2.jpg
仮の住まいは、庭が広いです。
梅の花が咲き始めてます。ピーちゃんは庭の空へ上っていきました。
20100225p.jpg
最後の写真、夜の10時。この時は顔を上げたり、ゴロゴロいったりしてました。


保護して1ヶ月と10日、あっという間に旅立ってしまいました。

職場復帰前、伸ばし伸ばしにしていた大型予定、引越し、家族旅行、リフォーム、
入園入学準備、下のポポはかなり手がかかる子で、夜中も起きだして遊びだしたり、
そんな私に保護され、ピーちゃんとはゆっくり過ごす時間もなく、それでもピーちゃんは満足そうにしてくれてました。
今思えば、そんなピーちゃんに甘え、たいした世話もしなかったことが申し訳なく、最後は人にお願いして旅行にも行ってしまい、悔やまれます。
こんなに早く逝ってしまうなら、すべての予定を後回しにしてもよかったです。

それでも、外にいたことを考えれば、暖かいうちの中で幸せだったと思いますし、最後の日はポポを夫の実家に預けましたので、Мを寝かせた10時過ぎからは、ピーちゃんに寄り添って、片時も離れず過ごすことができました。
4時間ほどだけだけど、最後はゆっくり見守り見送れてよかったです。


思い残すことばかりですが、人を疑うことがなく、誰でもどんな環境も受け入れてくれたピーちゃんなので、
猫生の締めくくり、好きだったササミやなまりぶし、缶詰も色々あって飢えることなく、暖かい部屋で人と一緒に布団で寝て、うちでの小さな幸せも、いっぱい受け入れ大きな幸せがあったと思いたいです。

様子を覗き込むだけで、聞こえたゴロゴロの響きが忘れられません。
スポンサーサイト
ピーちゃん、旅立ちました
今朝、2時過ぎ、旅立ちました。
最後は少し苦しんで、時々、立ち上がろうと手足を動かしたり、苦しそうな声を出す時が、5回くらい、でも、そのうち半分は意識がなかったと思います。
11時頃までは、撫でるとゴロゴロ言ってましたので、辛い時間は少なかったと思います。
最後までえらかったです。よくがんばりました。


保護して、1ヶ月と10日。あっという間でした。
もっともっと一緒にいたかったです。
こんなことなら、やはり旅行は行くべきでなかったです。
旅行に行った4日間は、ストーカーのように人に甘え、居間や洗面所キッチンまで追いかけてたそうです。
淋しい思いをさせました。
残された時間はこんなにも少なかった。
もっともっと一緒の時間を何よりも最優先すればよかったです。
全然手がかからない子で、うちのような子ども二人が騒々しい、引越しもあってバタバタ忙しい家でも、幸せそうに過ごしてくれていました。
なので、私もいつもと同じ生活+引越しリフォーム、職場復帰準備してました。


日に何度も手からご飯をあげ、ようやく食べれる時に食べていました
旅行中は、妹二人と猫仲間さんが、日に何度も来て下さいましたが、旅行後、3月の職場復帰、一人の時間が長くなるので、どうしようか考えていました。
でも、その前に旅立ってしまいました。


こんなに人懐こい子が、弱って外にいたのですから、うちに来て幸せだったとは思いますが、それでも、その時間があまりに短くて、不憫に思えます。


ピーちゃん、とってもいい子でかわいらしくて、短い間だったけど、忘れられない思いをたくさん残してくれました。
ありがとう。ピーちゃんに会って、私も幸せをたくさんもらったんだよ。
ピーちゃんと過ごした陽だまりの午後、聞こえるピーちゃんのゴロゴロ、子育てに追われる毎日のなか、心底リラックスできる、私の一番のお楽しみ時間だった。
また会おうね。
書きかけた日記
一日一日、弱ってしまってます。
あっとう間です。私が保護したときが、ギリギリの状態だったのかな。
かわいそうでなりません。。。

最後の手段でステロイドを考えていましたが、先週の通院では、最後の手段を使うのは早すぎると思え使わなかったんですが、今日の様子を見てると、もう、ステロイドもやらず、このままそっとしておいたほうがよいのではないかとさえ感じます・・・


これを書いたのが、2月はじめ。
それから何度も、同じことを書きかけては、少し持ち直し、引越しも乗り越え、がんばってきました。

土曜からサイパン家族旅行に行きました。
ピーちゃんが心配で、私は行かないつもりだったんですが、土曜朝、しっかりした顔つきで、缶詰を食べてくれました。悩みましたが、行ってきました。
土日は、調子よく食べて、居間に出てきたり、窓辺で日向ぼっこし、月曜日も人の後をついて甘えてきてたそうです。
火曜、食べないしお水も飲めず、連絡あり、急遽朝一で帰国しました。

今日はもうそれほど動けません。
お水も飲めません。
神経症状なのか、顔が揺れてしまいます。
それでもがんばってトイレまで歩いてます。
居間の私の隣に来て撫でられ、洗面所で涼み、暖かいケージに戻り。やっとで歩いてます。

こんな状態でも、私がそばにいるだけで、それだけでゴロゴロ言います。
話しかけると嬉しそうに、目を閉じ、やさしくブラシをすると気持ちよさそうにゴロゴロがさらに大きくなります。

うるさい我が家だけど、それが落ち着くみたいです。Mのことは、私と同じくらい好きみたいです。
Mも旅行中心配してました。Мのそばにもよっていきます。
本当にかわいくていい子です。

ピーちゃんのごろごろが少しでも長く聞けるよう、できるだけ撫でて撫でて一緒に過ごしたいと思います。
20100224.jpg20100224p.jpg
やっと
何とか引っ越し終わりました。
ようやくネットもつなげました。
まだまだ整理つかず、解体の19日までに、電気やエアコントイレ、使えるものは取り外して運びます

引越し、、、大変でした。
猫たちも同様、環境の変化でみんな緊張してます。
うちの子たちは、脱走が心配なので、脱走防止を完ぺきにした2階に住んでもらいます。
2階だけですが、結構広いです。
ミウと椛は同じ部屋。ミウは一日なき続け、椛はケージにこもり。
銀、タイガ、はなちゃんが同じ部屋。
銀は、どこからか出られないか、探してます。重い引き戸も窓の鍵も開けられる子なので、要注意。
意外にもタイガが、ベッドから出てこれない日が2日続きました。
はなちゃんは、いつもどおりの怖がりですが、銀とタイガがいるので、くっついてタイガや銀より落ち着いてます。
ここは玄関まで4重扉になってます(4回開き戸をあけないと外に出れない)

20100217-p (3)
そんな中、ピーちゃんが一番早く、新しい環境になじみました。
多分、10分程度?で、もう安心した様子。
ピーちゃんは、私とブラックケージとご飯(もうろくに食べられないのですが)があれば、たとえそこがどこであろうと、安心で幸せな場所になるみたいです。
20100217-p (1)
今回の引越しで、ピーちゃんはキャリーの中で始めて鳴きました。
新居にきてからは、なんと!!ケージのみならず、部屋も出てきてキッチンまで来るようになりました。
そして、甘えて「にゃう」と呼びます。
かわいいです~
本当にずっと前からうちにいたような、一緒に暮らしてきたような気がします。
願わくば、この幸せが少しでも長く長く続きますように。
方向転換するだけでしりもちをついてしまうほど、ヨタヨタです。だいぶ貧血も進んでいます。

20100216-p-papa.jpg
父と仲良くしてくれると、私の留守中も淋しくないと思うので、父の部屋へ誘導すると、きました。
20100216-p-papa (2)
父は猫の世話とかまったくできないですが、老猫や病猫には特にやさしいです。自分と重なるみたいです。
初めてみたピー助を、チャー助より痩せてよろよろの猫が家の中を歩いていたぞ、と教えてくれました。
20100216-p-papa (1)
父の椅子にあがってビックリ。猫なのに上下行動まったくしなかったので。
すぐ降りてきましたが。
昨日は父からマグロの刺身を1枚食べたそうです。

後姿もかわいいです
20100217-p (6)
トイレと風呂も一通り見学しました。
20100217-p (5)
20100217-p.jpg
爪とぎをして嬉しそう
20100217-p (4)

ベランダと布団
2月5日、おうちに入ってから1度だけベランダへ出ました。

太陽の下
オーー!ピーちゃん、なかなかかわいい~
20100205p (1)
キラキラ
20100205p (2)
気持ちよさそう
20100205p (3)
写真撮りまくり
20100205pp (1)
20100205pp (2)
5分ほどでおうちに入ってきました。


同日、一度だけ、布団の中ほどまできました!
20100205phuton (2)
かわいい右手は白。左手は黒に白ソックス
20100205phuton.jpg
1分ほどで、ストーブ前の私と過ごす時の定位置へ
大変・・・
引越し、半分は終わり、おとといから、妹と父と猫は、銀・タイ・はなちゃんの3匹が移動しました。
本当に大変。
親の代からの荷物もあり、最初は吟味しながら分けてたけど、とてもじゃないけど間に合わない。
もっともっと荷物を減らさないと。
引越しも節約で、ピアノだけ業者に頼み、近いので衣装ケース程度のものは、うちの車でたぶん50往復以上して運んでました(夫が)
冷蔵庫とか大物はトラックを借りて運びました(夫と義兄で、ありがとうございます)
こういうところはすごくて、大工仕事も運搬もプロ並み、
いつかこの労働力を、動物にいかせるくらい体制がつくれればなぁと思いながら。。
引越しやリフォーム、こんなに大変だったんですねぇ。。。願わくば、子ども達と目と脚の悪い父と、猫達が快適に暮らせ、要領よく家事がこなせ、いざというときの保護部屋も作りたい。ない頭とお金を絞って、練っていますが、行き詰まり。。。秘策があったら・・・教えてください!
近所の公園
去年の暮れに書いていた日記発見・・・たいした内容でないですが、
20091227koutu1.jpg
Мとおそろいのズボン、オークションで親子セット1000円で買いました
20091227osoroi.jpg
私の足がもう少し長ければいいんですが

ランドセル買いました。
Мはとにかく小柄なので、軽いのが条件。
201001randoseru.jpg
デザインも色も昔とは比べ物にならないくらいあり、私は悩みに悩んでいたのですが、Мが選んだのがシンプルにこれ。色はローズピンクだそうです。
考えてみれば、かわいいアクセサリーやカバーなどなど、後からつけられるんですよね。
Мのチョイスでよかったと納得
愛される子
2月3日
この日は、エサやりさんが差し入れてくださった、ピーちゃんが好きなスープタイプの缶詰にドライをあわせたものを食べました!
20100203p (5)
ピーちゃんには、お外時代を支え、心配してくれた人が何人もいます。
うちにきてからも、応援してくれます。
こうして差し入れくださったり、旅行の間のお世話を引き受けてくださり、私もありがたいです。
たった一人で保護していれば、気持ちも弱くなりますが、同じ思いを分かち合えれば励みになります。
20100203p.jpg
ピーちゃんは、何があっても、すべてを受け入れ、信じて疑わない、そんなところがあります。
今まで人間に嫌な目に合わされたことがないのではないか?怖い思いをしたことがないのではないか?
と思えるほど、
厳しい外生活で、そんなことは決してないはずですが。

そんな姿に感心してしまいます。
おんなじ状況でも、ピーちゃんならではの生き方で、たくさんの愛を感じてきたのでしょうか。
私が大好き
2月3日
20100203p (4)
ケージが「ボクの場所!」と思ってるのか、ケージでヌクヌクすごしてます。
そんなピーちゃんですが、私が部屋に入ると、ヨタヨタしながらいそいそと、ケージから体一つ分出てきます。
派手な甘え方はをする子でないので膝に乗ってきたりはまだしません。
やさしくスリスリとしながら、「プヒー、プヒー」鼻づまりの息遣いに重なり、ゴロゴロゴロゴロ大きな低音の響き聞こえます。
ゴロゴロゴロ20100203p (3)
かわいいです~
食欲がなくなってしまった今、何より私のことが大好きで、私がいることが「すごく嬉しい!」その気持ちが伝わってきます。
20100203p_1.jpg
ピーちゃん、おでこが出てます。
蓄膿とかの関係もあるのかな・・・
雪だ!
20100202yuki3.jpg
Let's Go!20100202yuki.jpg
20100202yuki4.jpg
「お手手つながないと危ないよ」
20100202yuki5.jpg
ピーちゃん、一緒にいよう!
ピーちゃん、順調に回復してきたのもつかの間…
元々おしっこの量が多く、急激に食べなくなりました。
エコー撮ったところ、腎臓が二つともいびつに肥大し、液体が溜まっていると。
腎臓ガン、白血病発症による炎症、FIP、腎不全も否定できないそうですが、原因調べるには、麻酔をかけて液体を抜くことになり、ピーちゃんにはリスクが高い。そして原因がわかっても対処療法しかないです。

いずれにしろ、予後は悪く、2週間から、治療が効を奏しても、もって半年と言われてしまいました。
これからドンドンよくなって、まだまだ一緒にいられると思っていたのに。切ないです。。

おとなしくて本当にいい子。
20100130P.jpg
20100130P (1)
この2週間、ベランダで安心したように過ごしてました。外に出たがるわけでなく、窓を開けても家に入ってくるわけでなく、
時々ビックリするほど行動範囲の狭い女の子とかいますが、ピーちゃんもそう。

引越しまでなれたベランダでと思ってましたが、今日は雪の予報・・・
思い切っておうちに入れました。ケージから出てこないかと思ったら、いきなりストーブの前の毛布の上。
20100201P (2)
私も一緒に添い寝。同じ布団でピーちゃんを抱っこして寝れたーと嬉しかったです。
20100201P (1)
すぐとなりで夫が寝ても大丈夫。(後ろのお尻)
20100201P (3)
Mにも撫でられ喜んでます。ポポの泣き声も平気そう。よかった。
あとは、ポポがピーちゃんトイレや置きフードを荒らさないように目を光らねば。

ストーブの前で人に寄り添い、ゴロゴロゴロゴロいいながら手足を伸ばして寝ています。
今ももひざの隣でゴロゴロいってます。
数年間は外暮らししてたみたいです。おうちで暮らしたかったんだろうね。

今日はほとんど食べません。
せめて一年くらいはのんびり暮らしてほしい。

もっと一緒にいよう!
銀、無事手術終了!
昨日お迎えに行き、無事終わりました!
機能障害もありません

がんばったね!20100131GIN.jpg

お調子者で、家では一番えばっている銀ですが、病院では固まってご飯も食べなかったそうです。。
カラーが嫌なのか吐いてました。

以前入院した時、ミウはデリケートなので心配しましたが、ご飯も食べて甘えていました。
銀は大丈夫だろうと思ってたら、以外や気の小ささが発覚。

家に着くとすっかり安心して、ご飯を食べ、タイガの上にどっかり乗ってグッスリ
かわいいモミちゃん
窓越しに
暖かい日差しの中ピーちゃんを撫でてたら
20100124p-mouhu (1)
え!? (ミウ)
20100124miu6.jpg
あれは何?幻よね?
20100124miu.jpg
匍匐全身で退散
20100124miu3.jpg
Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。