スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保護してくれたのかも!
エサやりさんから、チラシの上に張り紙があると連絡を受けました。
harigami-kuro.jpg
保護してくださったんですよね?!
何で張り紙なのか、お礼もしたいし連絡いただきたいです。
「友達にゃん子も一緒」3匹とも保護してくれたんでしょうか。
暖かい家で、3匹がかわいがってもらえてたら夢のような話し。

暮れも迫った今日、現実だったら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
外猫3匹 行方不明
実は、保護を考えていた子が3匹も、12月半ばから行方不明です。

初めて会ったのは11月、公園で鳴いて呼び止められ、スリスリ甘えてきました。
人懐こい黒の長毛。091031_1610~02
迷い猫かと情報を集め、深夜のエサやりさんが見つかりました。
数年前から近くの住宅街にいる子で、目立つこの子が公園に来てから、置きえさが増え苦情も心配とのことでした。

状況を確認しに、深夜行ってみると、クロちゃん以外にも10匹くらい。
中でも、一際鳴いてアピールするクロちゃん。
クロちゃんよりは人を見分けるけど、他にも慣れてる子がいて、愛嬌のある茶白のお団子尻尾、クーちゃん。性格がよさそうです。
「この子も人懐こいんだよ、最近やせてきて」教えられたキジトラは目が悪く、初対面の私でもエサやりさんがいれば触れました。背中のゴツゴツした感触が手のひらに残ってます。

ポポが夜鳴きがすごいので、夜も家を空けれず、会ったのは2回、でも気になって。
一気には難しいから、一番里親さんが見つかりやすいクロちゃんから、、、でも、目の悪い子も助けたい、里親募集は難しいだろうけど。
クーちゃんなんて、うちにきたら、みんなとうまくやってくれるんじゃないか、最悪うちの子でも・・・
逡巡しながら、でも、状況的になかなか難しく。
実は、家の工事のため1月末引っ越す予定で、築40年の家の整理や、猫5匹と子ども二人、目と足の悪い爺さんつきで、Мの小学校に通える範囲で住める場所を探さなければならず、こんなときにあえて増やすことも・・・
それほど緊急性もないので、預かりさんをあたりながら、のびのびになってしまってました。


ですが、いなくなってしまってからでは、遅いです。
後悔しましたし、気落ちしました。
3匹ほぼ同時にいなくなってしまい、置きエサがないので、エサやりをやめた人が、もしかしたら保護してくださったのでは?と淡い期待も込め、チラシを貼りましたが連絡はなく。

いなくなったら、保護されたんじゃないかと言う人も多いですが、現実そんなこともないです。
保護されるのは、本当にラッキーな一握り。
いなくなってしまった子は、たいていは事故か病気か。虐待や猫取りもあります。
あのオトちゃんだって、15年間保護されなかったのです。

3匹保護はきついけど、オトとチャーがいたときを思えば、できないことはなかったかな。
ただ、私一人ではできない、妹と夫の協力、そして、どうしても子どもや仕事の時間に影響がでる。
それでも、こうなってしまって思ったことは、できることはやらなければならなかった、そう思いました。
メリークリスマス!
メリークリスマス!!
みなさん、ステキなクリスマス過ごしたでしょうか?

うちのクリスマスは・・
2009xmas (1)
玄関に、サンタさんへの手紙。
「さんたさんえ。わたしは5さいです。わたしはしほんのぬいぐるみがほしいです」
しほんとは、子どもアニメ「フレッシュプリキュア」のキャラクターシフォンですが、また4月に新バージョンになるグッズはねぇ。。。
Mの喜ぶ顔は見たいけど、、、
散々悩んで、木琴にしました。あと、以前公園で泣いてほしがった、おもちゃのゴルフセット。100金でハートのバトン、これでプリキュアの変身気分を味わえるかな。
ポポチンには、シャベルとマラカスのようなおもちゃ。

2009xmas.jpg
テレビ上の緑の壁飾りは、Mと親子アートで作りました。右が私、左がМ作です。
ツリーの左は、ポポの落書きです。

イブの日は、手巻き寿司とフルーツケーキを家族で作り、お祝いしました。
またもやポポは、4日間も39~40度の熱。ぐずって大変だったけど、イブの日は下がり、でも疲れからか、クラッカーの音にも目を覚まさず、ずーーーっと寝てました。起きたのは夜中3時でひっそりおかゆを少し。
しかし、ポポが寝てると、手作りもはかどるはかどる。気も楽~。
喧騒状態のいつもに比べると、気が抜けるような、物足りないような?

はしゃぎすぎたMは夜更かしして、「サンタさん来ないよ」に、泣きながらベッドへ。
しばらく泣いて、そろそろフォローしようかなと思ってると、「おーおーうブフッ」と変な音。
「どうした?」「泣きながらあくびしちゃって笑っちゃった」と
・・・
「サンタさんに手紙だけくださいって言って」としおらしくを言ったと思うと「できたらプレゼントも」と(笑)

朝は、プレゼントに気づかないのか?もらえなかったと思ったのか、プレゼントを探すそぶりもなく、いつもどおり起床。
何と踏んづけて転んで、やっと気づきました。
大喜びでした。
それにしても、Mといると、まるでコントを見ているようです


Mが作ったボールを、木琴の棒で転がして遊ぶポポ
「おもしろそう~♪」早速ギンとタイがやってきました。
2009xmas (2)


クリスマス、、暖かい家で、家族とともに過ごす夜。
幸せな晩は、ことさら外の子達のことが不憫になります。
12月半ばからの寒波、外の子達は、さぞかしきついだろう。。
千華ちゃん
クリスマスイブ、千華ちゃんの里親様から、素敵なクリスマスプレゼントをいただきました!
2009tika.jpg
サンタさんや、キティちゃん、クリスマスリース、クリスマスツリーのビーズ作品、見えるかな?
里親さんの手作りです。早速ツリーに飾り、
気分もデコレーションもアップ!
キラキラして、とってもきれいでした

一緒にかわいいカードと写真も。
毎年、こうして写真と、手作りの暖かいプレゼントを贈ってくださいます。
本当にありがたいです。

千華ちゃん
2009tika (2)
やっぱりこうしてみると、銀と似てますね。
2009tika (1)
銀より大きいです
2009tika (3)
枕は占領されるけど、かわいいからいつもこうなってしまうとか。
2009tika (4)
一緒に暮らすやさしいロン王子に守られ、女王様振りを発揮してるそうです。
毎晩、お母さんと一緒に寝て、幸せだね!

何よりうれしいクリスマスプレゼント、ありがとうございました

アイリちゃん、プラムちゃん
素敵な写真
airipuramu-heart1.jpg
アイリちゃん プラムちゃんの里親様から、DVDが届きました!
そこには、2匹のかわいい写真がたくさん、そして、仲むつまじく2匹がグルーミングしている動画!!
本当に仲がよい!ずーっとペロペロやってて、その穏やかな姿に、とても癒されました

アイリちゃん、大人っぽくなったね~
2009-12 (1)
プラムちゃん
2009-12 (2)

里親様から

最近、めっきり寒くなったので、毎晩アイリは一緒にお布団に入ってぬくぬくしています
でも、夜中になると、ちょっと暑くなるのか、布団から出てきて、私の枕を占領するのは相変わらずです
さらに、明け方に気温が下がると、再び入れろと要求します
上手に温度調節して、快適な夜を過ごしています

一方のプラムは、相変わらず布団で一緒に寝てくれないのですが、昨冬よりは、その頑なさに陰りが見えつつあります
彼の証言によると、明け方、トイレに起きた後、プラムを連れて布団に持ち込んだら、そのまま腕枕で数時間も布団の中でくつろいでいたそうな
いずれは、二匹そろって、一緒に寝られる日が来る望みが出てきました

二匹の日常の一端がうかがえるかなぁと思いまして、DVDに焼いてお送りすることにしました
家にやってきたばかりのものもあります
今見ると、本当に小さくて、随分大きくなったと、つくづく思います

プラムが三角にたたんだレジ袋で遊ぶ姿は、それはそれはかわいいのです、お客様がいらっしゃると、プラムはそんな姿を見せてくれないのですが、うまく撮影できれば、きっと楽しんでもらえると思います
育児で大変な日々でしょうが、二匹の姿がエネルギーになればうれしいです

2009-12.jpg
ありがとうございます~!!
2匹の幸せな姿、何よりうれしいです
そっくり仲良し姉妹、本当にかわいい

2009-12 (3)
こんなところベッドにしちゃってますね
2009-12 (4)

トップの写真、2匹の対照的うしろ姿、窓の光と二人の影
傑作です!!
ハートが入ってますね。
airipuramu-heart.jpg
こっちも
airipuramu-heart2.jpg
ありがとうございました!
2匹から愛のエネルギー、受け取りました!!


裁判傍聴
12月3日立川裁判所、加藤一二三士元将棋名人 野良猫えさやり裁判、傍聴してきました。
寒い雨降りの中、98名の傍聴席がいっぱいに。中央線の遅れでは入れない方もいました。
この裁判が、外の猫の活動において、注目されていることが伝わります。

争点は、マンションのペット不可管理規約と地域猫の存在でしたが、
原告側は、マンション住民と理事長が証言台に立ち、猫のフンの頻度、マンションにいる特定の猫数、そのほか、専用庭のトイレ、寝床(ダンボール)、家猫の有無、など写真提示し、とにかく管理規約を守ってほしい、エサやりをやめれば解決すると主張されていました。
加藤さん側からは、東京都愛護推進員の方が地域猫活動について、猫のフンか否か、マンションおよびマンション周辺の現況、加藤さんからこの間のいきさつが話されました。

裁判でわかったことは、猫数は一番多かったときは、平成14年の18匹。加藤さんがエサやりをしている猫7匹+周辺のノラ猫。
18匹を、加藤さんが料金の大部分を支払い、マンションのそばのボランティアさんが手術したことにより、現在2匹(加藤さん主張)原告側は4匹と主張。
住民がマンションでフンを見つける頻度は、数ヶ月に1回。
猫のエサやり以外に、加藤さんが管理規約をまもられていない、猫以外の問題がをたくさんしている(原告側)
過去1回総会で、エサやりをやめさせるの議題がもたれた以外、住民同士の話し合いはなかった。
20年近く、コリーを飼っていた住民がいたが(現在は引っ越している)、咎められていなかった。


私が印象に残った場面(記憶なので、言葉の言い回しなどが違う箇所もあると思います)

原告弁護士 「証人は獣医師ですか?フンの研究家ですか?」
被告側証人 「保護している猫、地域猫の世話で、毎日約50匹のフンのチェックをしています」
原告弁護士 「ペット飼育を認めていない共同住宅が地域猫を認めているケースはありますか?」
被告証人   東京都飼い主のいない猫との共生プログラムの認定地区を具体的に答えていました。

被告弁護士  「猫がフンをしているのを見たことがありますか?」
マンション住民「3ヶ月くらい前に見た」
被告弁護士  「猫以外に管理規約を守らなかったことがありますか?」
マンション住民「それはたくさんあります」

原告弁護士  「地域猫という概念は、行政、住民が認めてから始まり、公園、公道で関係するものだと思われますが、どう考えますか?」
理事長    「地域猫というものはまじめに考える気がなかった」
被告弁護士  「猫はお嫌いですか?」
理事長    「猫にもよります。野良猫は、目つきが悪く不気味で、異常な行動をとる」
被告弁護士  「あなたは1ヶ月写真を撮りましたが、フンの写真は一枚もないですね」
被告弁護士  「エサやりをやめたらどうなると思いますか?」
理事長    「猫は死なない、ほかの地域に行けばいい」
被告弁護士  「猫以外の問題はありましたか?」
理事長    「それはもうたくさんあります」

原告弁護士  「なぜ子猫を里親探ししなかったのですか?」
加藤さん   「親猫と目が合って、まかせたぞ」
原告弁護士  「ダンボールを置いているのはなぜですか?」
加藤さん   「冬は凍死もある、環境的には私の庭が安全だと思う」

加藤さん   「○さんも家の中でコリーの大型犬を飼っていた」
原告側から小型犬だというような反論の声、制止する裁判長
裁判長    「どういうことなの?、子犬の頃は小さくてもコリーは大きくなる。猫も家の中で飼えばいいの?規約違反にならないの?


羅列ですいません。
最後は、裁判長原告被告両弁護士が、コリーの件を調べる、1月21日現地を見て和解になるのか、、、その後聞き取れませんでしたが、今後の日程の日取りを決め閉廷になりました。
1時半に始まり終わったのは5時近くでした。


やはり、猫の存在が問題になる状況でなく、マンション住民から、猫以外のことでたくさん問題があるとされる加藤さんを、猫のエサやりにかこつけて訴えた裁判だと思います。
加藤さんは、弁護側弁護士が注意するほど、答弁というより先に先に思い話す場面もあり、多分人とのコミュニケーションに困難がある方なのかなと思いました。
ですが、そうであったとしても、問題視される状況にない猫のエサやりを槍玉にあげられては、外の猫たち、地域猫活動に影響がでます。

ゆきももこさんの日記に詳細レポートあります。
裁判長が現地視察は異例のことなんですね。弁護側弁護士さんも、地域猫についてよく勉強されてると感じましたし、たくさんの意見が届いたからだと思います。

弁護側弁護士の、「地域猫活動は、行政と住民の合意を得てから、公の場所で成り立つ概念」の発言には、まだまだ、地域猫活動の理解を得る難しさを感じました。
実際、行政・住民の理解は、活動をしながら得られていくものであり、不特定多数の出入りがある公の場所ほど、住宅街より難しいケースがたくさんあります。私は、公の場所は行政の主導が必要と考えるほどです。
秋の公園日和
子どもって公園がスキですね。
子育てしなければ、あちこち公園行く休日なんてなかったと思います。
最近は、Мもとっても活発になり、ポポは砂を食べるは、どっか行いってしまうは、誰かの靴を持ってくるは・・・
ポポに目を光らせながら、Mとかけっこしたり、アスレチックしたり
童心に帰って、遊んで笑って、ランチして、空気を感じ、季節を感じ。
私の場合、猫たちと子どもたちに、幸せの気づきを導かれているように思います。

昭和記念公園
20091123syouwa (2)
20091123syouwa (3)
20091123syouwa (4)
20091123syouwa (1)


小金井公園
大きな滑り台 ソリで滑ります
20091108koganei (7)
20091108koganei (1)
20091108koganei (5)
20091108koganei (3)
誰のボール?(汗)
20091108koganei (4)


武蔵野公園
20091101musasino (1)
下はいとこ、2歳です。顔も似てるので3兄弟みたいです。
20091101musasino.jpg
20091101 (2)
焼き芋
思った以上に二人目ポポちんに手がかかり、ブログも書けません・・・
やっと寝たと書きはじめると泣き声が、、、遅れ遅れのアップです。
最近は、動物の日記なのか、子育て日記なのか、なんだかわからないブログですが、みんな元気です。
10月、タイガが膀胱炎になりましたが、すぐよくなり、手術ということもなさそうです。


11月13日
お姉ちゃん保育園で芋ほり
20091113imohori
ポポも参加
20091118.jpg
芋のつる食べたことありますか?私はMの保育園で頂くまで、知りませんでした。
「ご自由にお持ちください」と箱いっぱい入ってます。レシピも保育園から。
年に一回のお味です。
IMG_3201.jpg
ツルが細くて、皮をむくのが大変です。今年はMが手伝ってくれました。
IMG_3203.jpg
しょうゆと砂糖でゆでると、フキのような歯ごたえ、味がしみこんでてご飯にも酒にも合います
IMG_3206.jpg



おサルポポちゃん
20091121 (1)
この時期は、こういうのが似合っちゃいますね。
20091121.jpg
こちらはMがサルだった頃。かわいいねぇ~
monkey-m.jpg
怪獣ポポちゃん
10月書きかけてた日記。

ヨチヨチ10歩くらい歩けるようになりました。(今はもう結構動きが早くてパワーアップしてます)
このくらいのときって、物を両手で持って遊ぶしぐさや、ニコニコ笑顔でバンザイしながらヨチヨチ歩き、抱きついてきたり、かわいい

しかし!やんちゃ坊主本領発揮。Mの同じ頃と比べると、何と幼いことか・・・
比べちゃいけないとわかっちゃいるけど・・・思い出す天使のМ。怪獣のポポ。

Mは、赤ちゃんの頃から、人のやることをよーく見てて、今何をどうしてやってるのか?物事の因果関係・道理を考え、真似する子でした。
何か遊びたいものがあると、勝手にあけたりせず、持ち上げてこちらを見て、ニコッ
しゃべれなくても、「これなあに?一緒に遊ぼう」とすぐ伝わりました。
もちろん、猫のフードは食べないし、一粒落ちてても、フード入れに入れてくれるし、トイレはしてあると、教えにきてくれる。
そして、うっかり財布でも落とせば、、、拾ってくれました
「はいどーじょ」「ありがとう」Mのまわりには、ふわふわの幸せオーラに包まれて
人懐こくて、誰にでもかわいがられ、飛行機に乗ればスチュワーデスさんに、コックピットまで連れて行かれ、中華料理店に入れば、厨房まで連れて行かれ、ほめられ羨ましがられ、ママ冥利に尽きましたねぇ。


方やポポは、人のやることより物を壊すことのほうが面白い。
この間も、またなんか食べてる!とよく見ると電池!!
なんでぇ~と原因を探すと、分解された懐中電灯・・・
リモコンがない、携帯がない、なんで野菜室に髭剃りが?毎日探し回ってます。
もちろん、届かない高いところや引き出しの中にしまってるんですが、腕力が強くて意外と手先が器用。
まだろくに歩けないのに、階段上ってしまうし、いすにも机にも登るし、ドアの開け閉めもできてしまいます。
猫のご飯はもとより、何でも口に入れ、気をつけないと人間トイレの便座までなめてます・・・
「オーーノーーッ!!」
そして、うっかり財布でも落とすと、、、
すばやくもっと遠くまで投げて、撒き散らしてくれます(爆)
こうしてお姉ちゃんのいすを奪い取ろうと20091005isu.jpg
もちろんMに怒られます
でも、そんなことでは懲りません。20091005isu2.jpg

しかも、変なところが神経質で、夜も寝ないんです。
週に2、3回は、なぜか夜中ハイパーに。遊びだして、Mまで起こそうとするので、一度居間に連れてきて遊ばせて
保育園に預ければ、「食事中隣の子にちょっかいを出し、嫌がられてました」とか。
・・・こんなこと、Mのときは一度もなかったのにぃ!!かまってほしくてしつこくする典型的男の子?
「いやー、色々やってもだめなんですよ。上の子はこんなことなかったのに、すいません。。」と謝ってるママを見たことありますが、私もそうなるのかな。


まぁ。これが普通の子育てなんですよね。
振り返ればあっという間、大変大変のこの時期が幸せなんだろうし、
その時は「ありがとう!普通を体験させてくれて」と思ってるかな。
嬉しいことに、体重が増え、8.4キロになり、何とか成長曲線に追いついてきました。
相変わらず気管支が弱いのですが、生後五ヶ月の風邪で体重が減り、なかなか体重が増えず心配続きのこの半年を思えば、元気が何より!

そして、ポポの一番のよさ
この笑顔!!!

この笑顔は、周りを明るくしてくれます。
よく笑うんですよ。勘弁してぇということばかりですが、この笑顔で帳消しです。

20091101 (3)

しかし、笑顔一発の男ってどうなんだろうか・・・

20091101 (4)

20091101.jpg
Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。