スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの子に
この度、タイガちゃん・ハナちゃんを、我が子として迎える決心をしました。
0428.jpg
人の肩に飛び乗り、遊ぶ為ならたとえ火の中水の中、毎日びしょぬれで遊んでる、怖いもの知らずのタイガちゃん。
人が怖くて、それでも、少しずつ少しずつ、人間との暮らしを受け入れてきたハナちゃん。
実は盗み食いの天才(笑)

Mは、タイガちゃんがとっても好きで、新しいお母さんを見つける事に、「私の大事なタイタイ」と、泣きながら抗議しました。
ダッコしたり、おもちゃを取り合ったり、まさに姉弟のように遊んでいます。
力加減のない3歳児。でも、タイちゃんはへっちゃら。
自分の服を脱ぎっぱなしにしておくと、必ずタイタイにやられ、大泣き。
「脱ぎっぱなしにするからだよ」に、ちゃんと掛けるようになりました。
グズグズしている時は、「じゃあタイタイにあげちゃうね」で、スピードアップ(笑)
母としても、子育てを助けられています。
0428-5.jpg
ハンド掃除機でママと一緒に掃除機ごっこ。それを見てるタイちゃん

銀とは、ルックスも性格もよく似てて、笑わせてくれるコンビになりました。
力をもてあまし気味だった銀にとっても、いい弟分ができたようです。

保護した当所のハナちゃんは、本当に人間嫌いな子猫・・・恐怖心の塊でした。
人を見るだけでパニック、ケージに激突し頭から血を流し、暴れて爪が剥がれ。早期避妊手術して、リリースも考えました。
威嚇攻撃もすごくて、トイレの掃除なども苦労しました。
そんな日がどれくらい続いたか・・・1週間がんばろう、もう一週間がんばろう。。。
兄妹猫の里子に出たミントちゃん、そして銀に支えられて、人が見ている前でご飯が食べられるようになり、リラックスして寝るようになり。
今では、あのハナちゃんが、時々なら撫でさせてくれるようになりました!!
ちょっと嫌そう(^^)0428-3.jpg


もう、すっかりうちの一員、なくてはならない存在です。
Mもタイガちゃんハナちゃんも一緒に、元気に、楽しく、逞しく、成長してくれるようがんばっていきたいと思います。
スポンサーサイト
アースデイ
4月21日(土)、22日(日)は、アースデイ。 代々木公園 10時~17時(雨天決行)
「地球のことを考えて行動する日」アースデイは、世界184の国と地域、約5000箇所で行なわれている世界最大の地球環境フェスティバルだそうです。
私も2003年から、Mを産んだ2004年以外は、毎年行ってるかな。

おいしいオーガニックフード、体に優しいグッズに出会ったり、何よりこの時期、外はすごく気持ちいい!晴れるといいな(^^)
動物関係のブースもあります。 
NPOビレッジ 41 小さな命を救うネットワークCATNAP         
         44 地球生物会議ALIVE
         45 野生動物サポートグッズ「結」

企画参加 ⑧ EARTH & ANIMALS
   企画団体 有限責任中間法人SORA  毛皮はいらない連絡網
   参加サイト HELP ANIMALS  里親募集サイトnekonoko  ネコサマ 
私も、22(日) EARTH & ANIMALSのブースでお手伝いさせていただくことになりました。
スペースがあれば、私の経験から作った、「赤ちゃんと猫は一緒に暮らせます」のパネルを出そうと思います。
妊娠・出産・子どものアレルギー・・・そんな理由で、今までともに暮らしてきた動物たちを手放すケース、現実にあります。
周りの声に不安になる人、悩んでいる人。
「大丈夫!自信を持って、動物と一緒の子育てを楽しんでください!それは子どもにとってもステキなことだよ!」 地球を意識する日、そう伝えたいです。
珍しい光景
0320.jpg
チャー助以外、5ニャンが一つのベッドに揃ってます(#^.^#)
うちの子たちは、すごい仲が悪い子はいないのでが、一緒にくっついて寝るのは、ハナ・タイガだけ、皆が一つの部屋に勢ぞろいというのもあまりないです。
なので、とっても珍しい光景。
ここでも、ハナ・タイガ以外は微妙な距離。それにしても、モミジ・・・2匹分くらいのデブさ(^_^;)

チャー助は、一匹だけ、おじいちゃん猫なので、遊びにも加わらないし、別リズムで(ほとんど寝てる)生きてます。1年半前は、同じようなルナがいて、一緒にジィジの布団で寝てたんだけど、ルナがいないくて、淋しそうです。

Mは3才検診の聴力検査でひっかかり、精密検査。滲出性中耳炎で耳に水がたまり治療中です。
ここ1週間、ハナ・深雨・タイガ・銀が日に数度吐いて、それも心配。ブラッシングもしてるんだけど。
仕事もトラブル続き、、、

猫たちのこんな姿が和みます。
交通事故
今日、帰り道事故に遭った猫を病院に運んだ。
まだ、暖かかった。でも、ダメだった。それでも、最期を助けられよかった。

私は、往復3時間の車通勤。年に数十回交通事故を見る。ほとんど、すでに死んでしまっている。
猫が、路上に倒れているのを見るのは、毎回心臓が止まりそうになる。
たとえ、明らかに死んでいても。だけど、行動しなきゃもっと辛い。

毎日、運転しながら、呪文のように、お経のように、唱える。
「猫の遺体を見ても仕方がない、この世に猫と共生していれば、事故に遭った猫を見る」
心が乱れすぎて、うまく行動できない方がまずい。
自分の気持ちを楽にするには、遺体を片付けること。

冷静に・・
停まれる時は停まって、、後続車に気をつけ、駆けつけ、速やかに拾う。
死んでしまっていたら、マジックで 「清掃局様 事故 猫」+特徴(茶トラ尻尾短いなど)を書く。
最寄の清掃局へ電話。

猫の特徴を書くわけは、探している人のため。
清掃局の人は、ガムテープをはずして中は見ない。なので、問い合わせに見つけやすく、探し主のもとに戻れるよう、特徴を書いておく。
一度、飼い主さんからお礼の電話をもらったことがある。最後に会えてよかったと。

どうしても停まれない時は、一番近くて目立つ目印を目に焼き付ける。
最寄の清掃局へ電話。国道は国土交通省へ。目印を的確に伝える。

ダンボールやマジック、ビニールなどは車に常備。
また、2区3市をまたいでの通勤なので、一番近い動物病院に運べるよう、地図に病院を書き込み、各市区清掃局・病院表を作っている。
ミントちゃん
ミントちゃんの里親さんからすばらしい写真が届いています!
ミントちゃんのおうちは、2月末、新しい子を迎え、ミントちゃんも里親さんも念願だった、2匹飼いになりました。ナツメちゃんです。
mint-natu0322-2.jpg
大切にダッコして、嬉しそうなミントちゃん☆ナツメちゃんのほほえましい寝顔
何度見てもかわいい!傑作写真です
mint-natu0322.jpg
ミントちゃんは、うちでの保護生活でも、猫が大好きな子だったので、きっとうまくいくと思っていました。
まだ子猫のナツメちゃん、大柄なミントちゃん、でも2匹は同い年(^^)
一緒に寝て遊べるナツメちゃんが来て、もっとリラックスできるようになったんだと思います。
幸せなミントちゃんandナツメちゃん。本当によかったね!!
みーちゃん
昨日お迎え帰り、73歳のエサやりさんに会った。川沿いのみーちゃんが来なくなったと。
31日が最後の日になった。
最近急激に痩せてきて、よほど連れて帰ろうとも思ったそうだが、、、
31日深夜。東京は大荒れ。朝一で見に行くと、毛布だけあって、みーちゃんはそれ以来いない。

春を前にして、旅立つ外の子は多い。
今日の東京も、昼は暖かく、夕方から急激に冷え込んだ。
温度差が激しいこの時期。病気や老齢の子にとっては辛いだろう。
070404.jpg
みーちゃん、5歳。
まだ1才に満たない子猫の時に捨てられた。子ども思いの母性の強い子だったそう。エサやりさんにとって、外猫に関わるきっかけになった子。
本当に小さい小さい女の子だった。外でよくがんばったと思う。
アイリ・プラムちゃんに会ってきました!
先週、里親様宅にお邪魔しました。
アイリちゃんプラムちゃん、大きくなっていました(#^.^#)
2匹とも、最初私が入ると、ビックリ顔。
アイリちゃん 0331-3.jpg
お顔が女の子らしくなってきたような。目もとてもきれいになってました。
アイリちゃんは、しばらくすると、自ら私のひざの上に来てくれました!!
フワフワでかわいかったです。無邪気に遊ぶ姿、和み系ですねぇ。
プラムちゃん 里親さんにダッコ 0331-1.jpg
美少女から美猫へ。ますます美しさに磨きがかかっていました。
長い尻尾はさらに長く、小顔に大きな瞳、ツルツルの毛艶。
自らの美しさを悟っているかのような立ち居振る舞い(^^)

0331-2.jpg
私のひざの上で。
里親さんとも、楽しく猫話をして、楽しかったです。
ありがとうございました♪
Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。