スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フサオ いない
060820-h.jpg

昨日夜、エサやりさんから電話。
フサオが1週間来ていないと。戻した日と、次の日は、来てたくさん食べてたらしい。
どうしたんだろう。心配でたまらない。今更ながら保護すればよかった。
夜中探しに行ったが、いれば食べに来るはずだ。1ヶ月フル出席だった。悲しい。
これから毛も生えて、健康に太って、見違えるほどきれいにかわいくなる姿を、喜び見ていくはずだったのに。

昼、愛護センター該当猫なし。
清掃局、隣番地で22日に引き取った猫がいたとのこと。柄はわからず。
夜、近くの交番へ紛失届け。
迷ったが、清掃局で引き取った番地のあたりに友人の親宅がある、いい人だし、どうしても気になるので聞きに行ってみた。

いろんな話が出た。この間も1本隣道で猫が2匹死んでいた。この近くに、鳩や雀、カラスにご飯をあげていて、猫を目の敵にしている、その人が毒エサや何かでやったんでないかと言う噂がある。
その人から、猫をかわいがっていた人が、アパートのドアをガンガン叩かれたり、度々嫌がらせをされていて、おじさんはその相談に何度ものっていたと。
その日も、庭で猫が死んでると怒鳴り込んできたと言ってた、とその場で電話をかけて聞いてくれた。
野良猫を子供産まれないように手術まで連れてってありがたいぐらいなのに、何でああいうことするかなーと。おじさんは、私のやっている事は知らない、でも、猫を好きでも嫌いでもない普通の人がそう言ってくれるのは嬉しかった。

猫の柄は白黒だった。その前、1本隣で死んでいたのは子猫でその子も白黒だったと。
フサオではなかった。
が、1本と隣の道、私がフサオと出会った日(8月18日)に保護しようとした白黒の子猫がいた道の裏側だ。あの子だと思う。あれ以来一度も見ていない。細くて弱っていた。

助けられる子は、ほんの1部。何が運命か何が縁か、今まで保護しようとして、2度と会えなくなった子達がいる。
私のような余裕のない人間に、それでも縁あって保護できた子達は、やはり精一杯いい里親さんを探したい。

フサオはいい子だった。
他にエサ場がある子だし、治療して痒みがなくなって、元の場所に帰ったのかな。

また会いたい。

スポンサーサイト
060821.jpg

今まで保護してきた子は、みんな助けを求めてきた子達。
チャー助も銀もルナも椛も、素手で保護した。
深雨だけは、3匹のカラスにつつかれているところを、虫取り網で捕まえた。よほど怖かったのだろう、離乳前の子猫ながら、びっくりするほどの威嚇だった。
チャー助と銀は半ば行き倒れで、ボーっと動かないところを保護した。
ルナは、ある日、突然公園に現れ、雨の日もベンチの下で動かず、私の後を、散歩中のワンコのように追いかけてきた。
どの子も家に来て安心して、ご飯を食べるより甘える方が先で、幸せそうだった。

この子達にも、そう思う日がきてほしい!!
それに背中の斑点がなんともかわいい(#^.^#)
恐怖心
060822.jpg

ビビは、人を見るだけで「ハーハーハー」と息が上がってしまう。ハナは、逃げまどうことが少なくなった。でもうなってる。怖くて仕方がない。いった外で何があったんだろう。

人がいなくなってから、ご飯は食べている。
下痢がよくなったら、部屋のドアを開放しようと思う。

すごくかわいいでしょう?美形だよねー。皆様はどちらのこが好みでしょうか(^^)
一般的には、淡いグレーと濃いアイラインビビかな?でも、ハナも知的な美しさ。
本当はすごくかわいいの
060820-2.jpg

こんな顔しか撮れない。ハナに至っては、逃げまわり、撮ることすらできず。
まだ、1週間。
まだ子猫。安心して眠り、人と共に暮らすことが幸せの日が来る!!
フサオ退院
0829.jpg

エサやりさんとお迎え。
結構弱ってて、エイズでした・・・念のため2泊入院、今日戻しました。
薬湯もしてもらって、きれいになっていた。
捕獲機の中でちんまり座っている姿は、大人しくて、人の側で安心しているようにも見えた。
病院ではご飯もしっかり食べたらしい。

すごくいい子で、捕獲機に自分から入って、戻す時はでたがらず(涙)
でも、子猫も保護してしまった今、このこは無理。丁寧に面倒見てくれるエサやりさんもいる。
疥癬がよくなって、去勢したし体重も増えて、免疫が高まってくれるといいんだけど。

こんな子は、家に入れたら、きっとかわいい猫になるだろう。
うちに保護したビビリ子猫’sに比べたら・・・家にいるほうが幸せな子だ。
親子の愛
060819.jpg

夜、夫の実家へ。外から悲痛な鳴き声が聞こえる。見ると、私の車の周りや下をうろうろしながら、母猫が鳴いている。この車で子猫たちを連れて行ったの覚えているのだ。
その側を、最後の子猫も離れない。
泣けてきた。家では、恐怖で縮こまり、親を思うビビハナ。このまま戻せば、皆喜ぶだろう。4匹夫の実家の外猫として面倒を見ていけばいいのではないか。

でも、まだ4日。1週間、がんばってみよう。
それでも、ご飯を食べない・下痢が続く、などどうしよもなかったらその時決断はしてもいい。
疥癬猫 フサオ
1年前は、しっぽがふさふさだったらしい。だからフサオという名前。
今日、疥癬治療、去勢の為病院へ

出会い
M(こども)のお迎え毎日チャリで通る道。
8月始め。この時期、春産まれの子が、離乳してご飯にありつけず弱っているところを見かける時がある。
その日、白黒の痩せ細った子猫が道路の端にいた。急いでキャリーと缶詰を取りに帰った。キャリーに缶詰を入れても警戒して入らない。
もうお迎えの時間ギリギリタイムアウト。また帰りいたら、、、

慌てて自転車を走らせていると、痩せてあちこちハゲて猫相も変わった茶トラの猫が、道の端っこをトコトコ歩いていた。
あーーー、
側によると大げさなくらい、驚いてよける。耳も遠いのかも。中学の制服を着た女の子が、ビックリした顔で茶トラを見て立ち止まってる。
広場で香箱を組んだ、さっきの子にあげた残りの缶詰をあげるが、匂いもわからないのかあまり食べない。目の前「エサやり禁止」の看板。誰かあげているのか、いたのか。

それから4日連続同じ時間同じ場所で会った。正直頭から離れない。
私の現状では、新しいエサ場の面倒を見るのは無理なのです。でも、
疥癬はうつる事もある。すごい痒みらしい。たとえエサやりができなくても、疥癬の治療をする事は、この子にとっても、この辺りにいる猫にとっても意味のあること思われた。痒みがなくなるだけでも楽になるよね。

エサやりさんがいればいいのだけど。
8月11日、夫が珍しく早く、Mを見てもらって、広場に行きました。そこには、茶トラ含む猫が、4匹。この時間にエサやりさんが来ているに違いない。

そして見つかりました。73歳の女の方。
エサやりしていた人が来なくなって、見るに見かねてはじめ、避妊も何ヶ月もかけてやったらしい。でも、間に合わず11匹産まれ、3匹里親を見つけ、4匹は家で飼っているそう。
フサオは、1ヶ月前から来ているそうです。治療・手術に協力してくれることになりました。もちろん、その後のエサやりも続けてくれる(^^)
エサやりさん、いい人でよかった。高齢なのにがんばってて、すごい!

ハナ 撮れない
060816.jpg

とても警戒心の強い2匹・・・
ハナは、狭いケージを張り付いて登っては降り、とにかくどこかに隠れたい。
ビビは固まる。外にいるとき、何かあったのだろうか?

第1回ワクチン接種
健康状態良好
ビビ1.5キロ
ハナ1.1キロ
エイズ・白血病とも-

しかし、キャリーに入れるのも診察も大変だった^^;
里親募集
060815.jpg

生後3ヶ月くらい
はなちゃん メス 白地にキジトラの斑点
ビビちゃん オス 淡いグレーと白 

はなちゃんは、愛嬌のあるちょっとたれ目の女の子
ビビちゃんは、くっきりアイラインに丹精な顔立ち
とてもきれいな子達です。将来はきっと美しい猫になるでしょう(~o~)

保護の経緯
7月半ば、夫の実家の側の駐車場で、突如子猫を3匹連れた親猫に出会いました。今まで見たこともない子です。私の家と夫の実家は自転車で5分くらい。週に2、3回は行ってます。それからは、行く度に見かけるようになりました。

とにかく親猫は手術をしないと、
8月始め、捕獲機に入ったその子は、間違えて子猫捕まえちゃった?と疑ったほど、小さい小さいお母さんでした。
夜が明けるまで一晩、お母さん猫の側を、3匹のこども達が心配そうにウロウロしてました。
朝1番で連れて行き、麻酔開け状態も良好で、閉院前お迎え、子猫のところに戻りました。ワクチン、体重は2、7キロ。

この付近では何匹か見かける猫がいます。夫の話しだと誰かがエサをやってるんだろうと。行き止まりの遊歩道側で、事故の心配もそれほどないし、古い近所づきあいも良好なところ、周りに猫を毛嫌いするような偏狭な人もいなそう。
子猫たちも元気順調に育っていました。ご飯がもらえているなら、残りの子猫たちも時期が来たら手術すればいい・・
現状の私には、健康で環境的にもある程度恵まれている子を、保護する事はできないのです。仕事と子育て、親の面倒、家猫・外猫たちの世話。そうはいっても外生活は危険と隣り合わせだけど、今そこで手を伸ばさないと生きる道はない、そういう子をこの目で見てしまうこともある、そういう子のスペースが必要なのです(涙)

お盆の集まりで夫の実家に行ったら、空のゴミ入れを順番待ちしながら4匹でなめている姿を見て、まともにご飯が食べられていないのを知りました。

ビビはキャリーケースに缶詰をいれたら入ってきました。ハナは捕獲機で。
最後の1匹は、決して親猫の前に出ることのない、警戒心の強い頭のいい子で、保護する事はできませんでした。
Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。