スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピーちゃん、一緒にいよう!
ピーちゃん、順調に回復してきたのもつかの間…
元々おしっこの量が多く、急激に食べなくなりました。
エコー撮ったところ、腎臓が二つともいびつに肥大し、液体が溜まっていると。
腎臓ガン、白血病発症による炎症、FIP、腎不全も否定できないそうですが、原因調べるには、麻酔をかけて液体を抜くことになり、ピーちゃんにはリスクが高い。そして原因がわかっても対処療法しかないです。

いずれにしろ、予後は悪く、2週間から、治療が効を奏しても、もって半年と言われてしまいました。
これからドンドンよくなって、まだまだ一緒にいられると思っていたのに。切ないです。。

おとなしくて本当にいい子。
20100130P.jpg
20100130P (1)
この2週間、ベランダで安心したように過ごしてました。外に出たがるわけでなく、窓を開けても家に入ってくるわけでなく、
時々ビックリするほど行動範囲の狭い女の子とかいますが、ピーちゃんもそう。

引越しまでなれたベランダでと思ってましたが、今日は雪の予報・・・
思い切っておうちに入れました。ケージから出てこないかと思ったら、いきなりストーブの前の毛布の上。
20100201P (2)
私も一緒に添い寝。同じ布団でピーちゃんを抱っこして寝れたーと嬉しかったです。
20100201P (1)
すぐとなりで夫が寝ても大丈夫。(後ろのお尻)
20100201P (3)
Mにも撫でられ喜んでます。ポポの泣き声も平気そう。よかった。
あとは、ポポがピーちゃんトイレや置きフードを荒らさないように目を光らねば。

ストーブの前で人に寄り添い、ゴロゴロゴロゴロいいながら手足を伸ばして寝ています。
今ももひざの隣でゴロゴロいってます。
数年間は外暮らししてたみたいです。おうちで暮らしたかったんだろうね。

今日はほとんど食べません。
せめて一年くらいはのんびり暮らしてほしい。

もっと一緒にいよう!
スポンサーサイト
ピーちゃん、今日で2週間
気分よさそうにすごしています ウンチもころころになりました!
20200226 (1)

ベランダに行くと、のっそり出てきます。
20200226.jpg

撫でれば嬉しそう、スリスリしてきます。ゴロゴロご満悦
20100124psyru (1)
20100124psyru.jpg
それでも、すっごい甘えん坊と言うわけでないです。
うちは人に甘えん坊が多いですが、一番ドライかも。オトちゃんは甘えん坊キングだったけど。
(家庭内ノラはなちゃんは除く)

おなかを見せたりもなく、おひざに上るわけでもなく。
私が隣にいれば、そこで、ひっそり静かに寝そべっています。
でも、洗濯とか干しだすと、ケージへ戻っていきます。
何と手のかからない!この子を見捨てた?追い出した?阿呆ですな。こんないい子を。

うちに入りたがることもありません。窓を全開にしても、
ご帰還。。
20100128p2.jpg

なんだか満たされてる様子。保護してよかった。
不憫な気持ちにならず、私も気分が楽で助かってます。
20100122p1.jpg
ピーちゃん、1週間
おとといあたりから、グングン元気になってます!
汚れが少なくなった。ウンチも形が出てきた!!

目に力がでてきました。きれいになったでしょ。(涙やけはしてますが)
201001241.jpg
昨晩はケージにカバーはかけましたが、ロックせず頭で押して空けられるようにしてたら、朝、ベランダに出てました。
今日は初めて、向かいにキャリーケースに入ってました
オトがお気に入りだった室外機の上にはまだ乗りません。そのうち乗るかな?
20100124p (2)
20100124p (1)
通院してきました。
車でも待ち時間も一声も鳴かず、緊張してはいると思うけど、診察台の上でも落ち着いてます。
体重は3キロから3.15に増えてました。
20100123p.jpg
すごいですね。弱ってても、外での保護だけど、治る病気なら、カイロとハウスがあって、お薬とご飯で、回復できるんですね。
チャーと同じ感じかなと思ったけど、どんどんきれいになると思います。

外の子にとっては安全な場所とご飯は寿命にかかわる。暖かくゆっくり休める場所と十分なご飯があれば、まだ生きられる子がたくさんいるんでしょうね。

脱水と貧血があるし、多飲多尿。数値には出てなくても腎臓が悪いのかな。思ったより年寄りかもしれません。
引き続き治療中です。

ベランダに帰ると、もうずっとそこにいたような感じで「お、着いた~」と、すぐ出てきました。
リラックスしてるし、もうすぐ引越しなので、それまではベランダの方がよさそうです

普段はいつ見ても、ゴロンとくつろいでますが、お掃除やご飯でベランダに行って、物を取りにまた部屋に入ると、「まだ~」とこっちを見てます。
20100119pi.jpg
でも、ご飯を食べ終わると、または、ご飯じゃないとわかると、あっさりご帰還。
20100121p3.jpg
本当に聞き分けがいい子です。
ルナみたいな、押しが強いあっぱれ爺さんタイプもいいけど、ピーちゃんのような子もとてもかわいい。
少しでもかまってあげたいと思います。
とってもいい子です
20100118p9_1_1.jpg
ここ数日ポカポカ暖かいですね。
着るものも軽くすむし、1才5ヶ月にもなるのにぜんぜん髪が生えない、おはげポポに、嫌がるのを何度も帽子をかぶせたり、靴下はかせたりしなくてすみ、気も楽です

ピーちゃん、日中はケージを開けてます。
トイレは出てきてますが、この写真は手前に来てますが、いつケージの奥の発泡スチロールですごしてます。
暖かい日差し、それだけでこの環境でも大満足のよう。ゴロゴロゴロゴロ響きが聞こえます。
20100118p3.jpg
相変わらず、下痢がひどく、拭いても拭いても汚れてしまいます。
数時間もすると、顔やら体にもついてたり、これでは洗っても同じ。
抗生物質で治療中です。治る下痢ならいいですが・・

普段の姿は何の欲もないような感じですが、食べる時はすごいです。飢えてたんですね。
20100118p11.jpg
目の前で缶を開けると、おわんに頭を突っ込んでしまい、ご飯が入れられないので、あらかじめ用意してベランダに行ってます。
慌ててるのか、顔じゅう缶詰だらけになって食べてます。
20100118p10.jpg
トイレは新聞トイレにしました。使ってくれるので。
あんな下痢だと、体にもケージにもあちこち砂と一緒に固まってついてしまうので、砂より使いやすいです。
経済的だし、汚れたらそのまま取り替えられるし、ゴミも軽い。
20100118p.jpg
おとといから、ベランダに出ると、こんな風に、箱から出てきて顔を寄せ、小さい声「ニャー」と一声鳴くようになりました。
でも何度も鳴いたりもせず、とても大人しいです。
こんないい子が、今までどんな思いで、どんな暮らしをしてきたんだろう。
20100118p12.jpg
ピーちゃん
2日目のピーちゃん、やはり具合悪そうですね。。
20100116pi (1)
日のあたるベランダに移動しました。背中はこんな感じです。
ちょっと黒の毛が赤くなってます。歯は歯石だらけだけど全部あり、そんなに年寄りでもなさそうです。
20100116pi (2)
とっても大人しいです。外であった時、小さい声で「ニャーニャー」鳴いてましたが、保護してから一度も鳴き声を聞いてません。
20100116pi (3)
まだ自分からは出てきません。でもなでると気持ちよさそうな顔してます。
20100116pi.jpg
名前はピー助になりました。
もともと川沿いの家で出入り自由で飼われていて、それなりにかわいがられていたそうです。
川に落ちた時、飼い主さん自らが川に入って助けたこともあったとか。
ピーと言う響きがあってるし、下痢ピーが治らないというのも・・
チャー助から「助」を。おっとりした性格も顔が大きくて痩せた風貌、よだれと下痢で汚れてしまうところも似ているので。
Мは「あきら」とか「いっさ」とかっこいい名前を考えてましたが
必ず朝夜挨拶に行ってくれます。園の帰り、別のリリースした猫の話をしていたら、なんで?と。
全部はうちで飼えないんだよ、と話すと、「うちの庭の子はかわいそうだから、戻さないで」と心配してました。
20100116pi (4)
ピー助です。よろしくお願いします!!
Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。