スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラバサミにかかった猫
近所の公園で、猫がトラバサミにかかり死亡する事件が起こりました。
2011年9月22日 東京新聞朝刊 「トラバサミで猫死ぬ」
110912_1626~03
この公園は、4年前は、ゴミの不法投棄あり、猫が繁殖し、置きエサが放置され不衛生な場所でした。
2007年7月17日 30匹公園猫
2007年7月10日 30匹
しかし、地域住民とボランティアで協力して手術を進め、置きエサ・フン掃除を徹底し、今では、未手術の猫はなく、きれいで衛生的な環境になっています。病気の猫がいれば治療し、捨てられれば保護し、命を大切に、地域の方と「犯罪を呼び込まない地域」作りをしてきました。
うっそうとしていた公園自体改修工事され、ボランティ隊が花壇を作り、子どもが遊び、ジョギングする人、犬の散歩、多く人が利用しています。
猫も目立つほどいません。

また、この公園のすぐそばで、8月中旬から2件、タヌキが死亡が住民・通行人から報告されています。
一匹は、タヌキの亡骸の側に、半分食べた肉団子があり、毒物と見られます。

杉並は昔からタヌキが住んでいる場所がありますが、1.5キロほど離れた、企業所有のグラウンドと森が、2年前大型高級マンションになり、そこに住んでいたタヌキが、川沿い・公園沿いを伝って、更にこちらに流れてくるようになりました。この辺りも、この数年見かける頻度が高くなっています。


猫を狙ったのか、タヌキを狙ったのか?
何にせよ、トラバサミも毒団子も無差別殺傷に繋がるものです。
近くの保育園児が先生と遊びに来る公園、小中学校もすぐ側の通学路。
誤って子どもが触れば、大怪我するし、犬の散歩も危険です。
事態は軽く済まされてはならないと思います。

しばごんさんから、亡くなった猫は骨まで砕けていたと聞きました。残酷な狩猟道具トラバサミは、その危険性から、2007年4月16日改正された鳥獣保護法で、猟具使用は禁止となっています。
トラバサミを見つけたら!すぐにできること (ALIVEより)
見つけたらすぐに警察に通報してください!!

この件は、周辺をボランティアでポスティングし、注意喚起しました。
高井戸警察署、東京都環境局鳥獣保護係、杉並区役所環境衛生課、杉並区公園課、杉並区教育委員会に東京都動物愛護センターに報告しました。


ネットでも注意文があるだけで簡単に買えますし、地方のホームセンターでは販売もされたりしてるようです。
違法狩猟道具が簡単に買える状況にも声を上げなければと改めて思っています。
スポンサーサイト
動物取扱業の適正化について(パブリックコメント)
動物愛護管理法改正の一部である、動物取扱業についてのパブリックコメントが始まってます。
期限 8月27日(土)必着。

動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集
ここから意見を出してください。


参考サイト
パブコメの書き方や、法改正案の説明があります。One Action for Animals
ALIVE 2012年動物愛護管理法の改正に向けて、私たちができること
純情仔猫物語 KAZUさん 長年保護活動と動愛法改正へ向けて発信されてきたKAZUさんは、急性白血病のため8月9日にお亡くなりになられたそうです。KAZUさんの遺志が法へ届きますよう願っています。


物言えぬ動物たちのために、是非、意見を届けてください!
参考サイトを見てもらえば、初めての方でも書けます。
短くても、一項目だけでも、是非、意見をお願いします。
動物は命、動物は家族、お金でやり取りするものではない、そう思う多くの人の意見が集まることで、法律を変えられます。
特に、動物取扱業については、法での細かい規制が必要です。
ペットの展示販売などは、すぐにでも禁止してほしいですが、細かい法規制は、ペットショップ経営の基盤を崩す一歩になります。


先日知人が、でペットショップから小型犬の子犬を買うつもり、と聞いて驚きました。
私のやってきたことも知ってるし、署名の協力もお願いしたこともあった方なので。
子どもが育てたがって、保護されてる動物は、小型の子犬はあまりいないみたいだし、ショップにはよさそうな子犬がいて、と。。
もちろん、現状と子犬の飼育について話し、譲渡会で成犬を検討してくれことになりましたが、大規模ショップでは、いいことばかり強調され話を聞いたようです。
いかに、安易な購買の温床になっているのか、それが、飼育放棄につながり、年間24万頭もの処分を生み出しているのか。
改めて実感しました。

5年に一度しかない、法改正のチャンス。
皆で力をあわせ、業者を守る法律から、命を守る法律へ変えましょう!!!
警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ行進
警戒区域で亡くなった動物たちの死を悼み、いのちの切り捨てに抗議しよう☆助けに行かせろ!被災者から家族を奪うな!
直前の告知で申し訳ありません。
明日、渋谷で2時から、警戒茎の動物対へのデモ行進があります。
参加できる方、是非、動物たちへの思いと声をあげましょう!!

以下転載です。
知っている動物愛護団体、動物好き、動物病院、ペットシッター、トリマー、畜産家、福島出身の方etc...興味を持ってくれそうな方々に「こんなデモがあるよ!」と知らせてください。

警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ行進
日付:2011/05/08 14時~

14:00 開会のあいさつ
14:05 ◆追悼集会
    黙祷の後、中下大樹僧侶による読経。
14:20 ◆報告集会
    ○山路徹さん(APF通信代表)
    ○山路さんと一緒に活動されてきた保護チームの方々
    ○「動物ボランティア団体全国民間ネットワーク」
    ○吉田美恵子さん(南相馬の猫おばさん)からの訴え代読。
14:50 閉会の挨拶、デモ注意事項ご説明
15:00 !デモ出発!
◆デモコース:神宮通公園 → 東電の電力館前 → 渋谷駅前 → 明治通りを通って神宮通公園で流れ解散!
※動物(ヒト以外)を連れての参加はご遠慮ください。



-呼びかけー
警戒区域の動物たちを見捨てない
--------------------------------------------------------------------------------
失われゆくいのちを想い、悲しみ、涙し、そして声を上げよう!

未だに収拾の目処が立たない、東京電力の原発事故。現場となった福島県では、多くの住民が避難生活を余儀なくされ、関東にまで及ぶ広域の人々が被爆の不安を抱えながら生活しています。
しかし、震災と原発事故の影響を受けているのは人間だけではありません。数え切れないほどの動物たちも深刻な被害を受け、いのちを失いました。
失われたいのちに、その種を問わず、深く哀悼の意を表します。

一方、福島県の警戒区域に取り残された動物たちの多くは、今この瞬間も飢えと戦い、餓死しています。
ペットたちは、立ち入れなくなったとも知らずに飼い主さんを待っています。多くの畜産動物が、餓死して横たわった仲間の遺体とともに、来る当てのない水と食料を待ちわびています。それは地獄絵図と呼ぶしかない、筆舌に尽くしがたい惨状です。
政府はこの事態を、人命優先のためには仕方がないと説明します。
でも本当に?

警戒区域は、原発の状況が急激に悪化して指定されたのではありません。準備する時間はあった。助ける時間はあった。けれど、政府は助けようとしてこなかったのです。
そして今、保護団体や獣医師、飼い主、畜産家らの「助けたい」という切実な要求すら無視し、立ち入りを拒否しています。警戒区域の動物たちのいのちは、ただ失われているのではありません。日々、奪われているのです。
原発や政治の都合のために、動物の生命が奪われて良いはずがありません。被災者から家族を奪って良いはずがありません。

とにも悲しみ、涙しよう。殺すなと言おう。助けさせろと言おう。
動物たちを生かすために。人間が、人間であるために。


--------------------------------------------------------------------------------
政府への要望

◆厳しい立ち入り制限についての説明を求めます
警戒区域が指定された現在も、そのすぐ外では地元住民が生活しています。20キロ圏内はいのちを救うためにすら入れないほど危険で、100M先なら人々が通常に生活できるほど安全だ、などということがあるでしょうか。納得のゆく説明を求めます。

◆専門家/ボランティア団体との連携を求めます
日本各地から獣医師、動物保護団体などが警戒区域への立ち入りを求めています。また地元の畜産家の多くも、立ち入りを求めています。しかし、動物レスキューを目的とした立ち入りは、原則として許可されていません。
(※一部、ペットの飼い主が保護団体に救出依頼したケースを除く)
現地は広域であり、多数の家畜やペットが残されています。また、動物の健康管理や捕獲には専門家の協力が不可欠です。レスキューに入ろうとする人々への排除に抗議し、専門家/ボランティア団体との連携を求めます。

◆被災者が動物と生きる権利を求めます
愛する存在が飢えていくのに何も出来ない…それは想像を絶する、耐え難い苦痛です。震災と原発事故により多くを失った被災者にとって、更なる傷となることは想像に難くありません。
警戒区域の住民から、家族であるペットや、長年世話してきた家畜を奪ってよい理由などあるでしょうか。動物たちに生きる権利があるように、被災者にも動物たちと生きる権利があります。被災者が動物と生きる権利を求めます。


2011/05/01
「警戒区域の動物たちを見捨てない!デモ」実行委員会


20キロ圏内、警戒区域。立ち入り禁止
恐れていたことが、実行されてしまいます。
あの、福島第1原発事故から、飼い主とはぐれてしまった、飼い主においてかれてしまった、動物たち
犬・猫・牛・馬・・・
多くの命が見放され、飢えて苦しんで、衰弱し死んでしまっています。
それでも生きている命を救おうと、勇気ある動物愛護団体・個人の方たちが、保護に日夜走り回ってくれていました。
気持ちある現地の方が、えさやりに通ってくれていました。

それが、一切できなくなります。

動物は、どうするのでしょうか。「人間の安全のため」そう政府は言います。
そこに生きている動物のことは、全く触れず。
見殺しやむなしと言うことでしょうか。

飼い主も、見放すことができない動物ボランティアも、いっさい、立ち入ることを禁じるなら、責任を持って、動物たちの避難、えさやりを代行すべきです。


何もできない人がほとんどです。
でも、行政に意見はいえます。誰でも意見を送ることができます。

どうか、皆様、大至急 意見を送ってください。そして、この事実を広めてください。

原発事故の責任です。動物たちは逃げることもできません。
ただそこで死を待つなんて、あんまりです。

以下、動物救済の輪 さんから転載

全国海外力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
2011年04月21日 (木) | 編集 |
20日、16時、福島に向けて出発します。
今日のうちに圏内に入る予定です。
皆様、絶対に諦めないでください!     結 昭子


力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
この件、最後のお願いになるかもしれません!

転載歓迎 拡散希望!!


大至急、ご協力をお願いします。

22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院にお願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html



(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。
2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。


--------------------------------------------------------------------------------


「動物基金」杉本様 よりアドバイスです!
今日でも明日でも、保健所に持ち込んでください。
相双保健所
南相馬市原町区錦町1丁目30 電話番号 0244-26-1351
                  FAX 番号 0244-26-1332
(現在相双保健所は施設がありませんが、それは行政間で行うことです。)

保護した犬については自分で保護する環境がない場合には行政は狂犬病予防法に基づいて保護しなければなりません。
保健所に渡す際に「狂犬病予防法に基づいて保護して下さい。遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。殺処分されることはありません。

猫については、「迷子猫です。保護してください。遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。殺処分されることはありません。」その後については、相談にのります。
この件についてわからないこと、緊急連絡先 杉本 090-3908-8823


--------------------------------------------------------------------------------

ペット法塾が現地入りします。
保護場所提供らしい

現場に向える保護団体などに、お知らせと拡散お願いします。
THEペット法塾
http://www.the-petlaw.com

☆大至急2!!☆

先ほどお知らせしました件について、
現地で一時保護場所にお困りのボランティアさんや
団体さんがいましたら、私までご連絡ください。
私も今日から現地入りしてきます。

THEペット法塾
西風直美 090-9889-7063 

--------------------------------------------------------------------------------
以上

是非、現状を知ってください

原発避難区域でペット保護&迷子探しをされている団体さん一覧
毛皮反対デモ!
今年も子どもたちと歩く予定です。夫は夜勤明けですが。

テレビで見ましたが、今年は怪獣ファッションがはやってるそうですね?
リアルファーの尻尾やレッグウォーマーに帽子など、毛皮をまとって怪獣になるのがかわいいとか。

買う人、一人一人に、この現実を知ってもらいたいです。

kegawahantai.gif

東京 毛皮反対デモ行進2010毛皮反対デモ行進2010!
毛皮(リアルファー)をなくそう!

2010年10月24日(日曜日)
集合場所:代々木公園B地区並木道(渋谷駅ハチ公口徒歩5分)
      NHK放送センター横のケヤキ並木道(渋谷寄り)
      地図はこちら
コース:代々木公園出発→渋谷駅→表参道→代々木公園(予定)
スケジュール:13:00 集合開始
         14:00 集会
         14:30 出発
持ち物:プラカード 着ぐるみ等アピールするもの(なくてもOK)
服装:黒っぽい服  歩きやすい靴
その他:雨天決行
大雨でも決行します。
Copyright © 動物たちへの思い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。